• 一般歯科
  • ごあいさつ
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 治療の流れ
  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 無痛治療
  • 噛み合わせ治療
  • レーザー治療
  • 入れ歯について
  • 歯磨きの仕方
  • サイトマップ

アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスウェア

先生の豆知識コーナー

なんでもQ&Aコーナー

医療費控除

デントキュア

  • 杉沢歯科医院モバイルサイト
  • QRコード
  • バーコード対応の携帯電話で上のQRコードを読み取ってモバイルサイトにアクセス!

矯正歯科

矯正歯科について

矯正治療は、不正咬合を治して歯並びを良くする治療です。 最近、欧米人に比べて日本人の歯並びが悪いことが指摘されつつあります。 これは、八重歯をかわいいとする日本古来の美意識によって、矯正治療の普及が遅れたためでありますが、健康上好ましいものではありません。 歯並びが悪いと、正確な発音がしずらく、食べ物をよく噛めないばかりか、歯磨きもしにくいために、虫歯や歯周病などにかかりやすくなります。 また、顎の骨の成長にも影響が出て、顔の形も悪くなってしまいます。 矯正治療は、歯科治療のなかでも特殊な分野であるため、専門医による診断と高度な技術が必要となります。 検診等で指摘された方や歯並びが気になる方は、このホームページを参考にされて、当院の専門医による診断を受けてください。

歯並びが悪いとどうなるの?

  1. むし歯や歯ぐきの病気になりやすくなります
    歯が重なっていると歯みがきがしにくく、かみ合っていない歯は汚れがたまりやすくなります。
  2. 食べ物がよくかめなくなります
    胃や腸にふたんをかけ、全身に影響します。特に成長期のお子さまには影響が大きくなります。
  3. 顔の形がゆがみます
    左右が非対称になったり、特に上アゴまたは下アゴが出っぱることがあります。
  4. 発音がしにくくなります
    人と話す時に消極的になったりします。特に外国語の発音がうまくいかないことがあります。
  5. 心理面に影響します
    口元を気にして消極的になったり、内向的になる傾向があります。
  6. その他にも
    前歯をぶつけやすい、アゴの関節や顔の筋肉を痛めやすい(顎関節症)、さし歯やその他の治療がしにくくなります。

矯正歯科とは

矯正治療は、不自然な位置にある歯や顎の骨を整えて美しい歯並びや正しい噛み合わせ、さらにはバランスのとれた口元を作り出すことです。
きれいな歯並びは虫歯や歯周病の予防につながり将来にわたってお口の健康維持に貢献します。さらに、よい噛み合わせは消化を助け、からだ全体の健康にもよい結果をもたらします。きれいに並んだ白い歯で、健康と自信に満ちた明るい笑顔を得ること、それが矯正治療の大きな役割です。
歯並びや噛み合わせでお悩みの方は一度ご相談ください。

キレイな歯並びとは?

妊娠中はなぜお口の環境が悪化しやすいかを知ろう!
  • (1)上顎の前歯が下顎の前歯3分の1から4分の1を覆ってる。(図1参照)
  • (2)上下の前歯の真ん中の線が一致している。 (図1参照)
  • (3)鼻と顎の先端を結ぶ線に唇が軽く接する。 (図2参照)

不正咬合のいろいろ

歯の原因菌は、口の中に最初からいる何種類もの常在菌と 生育過程で親などから感染するミュータンス菌のふたつが考えられます。これらの菌は口の中の食べかすや甘いものなどに含まれる糖分が 口に入ると虫歯菌はどんどん分裂し歯垢(プラーク)をつくり,酸を産出し、歯のエナメル質を溶かしていきます。

名 称 説 明
叢生 叢生
(そうせい)

でこぼこに生えた乱ぐい歯、犬歯が飛び出した八重歯のことを言います。顎に対して歯が大きい、または顎が小さすぎて歯がおさまらないことが原因です。

上顎前突 上顎前突
(じょうがくぜんとつ )

上の歯が出っ張っているいわゆる出っ歯です。

反対咬合 反対咬合
(はんたいこうごう)

一般的には受け口と言われ、上下の咬み合わせが逆になっている状態。

開咬 開咬
(かいこう)

奥歯で咬んでも前歯は咬んでおらず、上手く咬めない、また口が閉じにくい状態

空隙歯列 空隙歯列
(くうげきしれつ)

歯の間の隙間が大きいすきっ歯。

矯正歯科Q&A

何歳ごろに相談したらよろしいのですか?
症状によって、治療開始時期が違ってきます。
気づいた時点で、なるべく早く専門医に相談されることをお薦めします。
大人でも治療できますか?
大人の方でも、矯正治療を受けている方はたくさんいらっしゃいます。
治療期間と費用はどのくらいですか?
症状によって、また治療内容によって期間や費用は異なります。
本格的な治療においては、ふつう月に1ないし2度程度の通院で1~3年ぐらいかかり、治療後1年程度は保定のための通院が必要です。また、支払い方法はご相談下さい。
矯正治療にはどのくらいの通院が必要ですか?
治療開始までに、検査、診断、歯みがき指導などで3~4回。
口の中に装置が入った場合、だいたい月に1~2回程度です。
予約日を守ることは、早く治ることにつながります。決められた通院日には、忘れずに来院しましょう。
歯ならびを治すために、歯を抜くことがありますか?
きれいな歯ならびにするために、特にでこぼこがひどい場合は、歯を抜くこともあります。
抜いた所の隙間が残ることはありません。
口の中に装置を入れると、痛くありませんか?
初めて装置をつけたときは、3~4日、歯が浮いたような痛みがありますが、1週間程度で慣れます。
歯みがきは、今まで通りできますか?
矯正装置を入れているので、汚れがつきやすくなります。教わった方法でていねいに歯みがきをしてください。歯みがきによって装置がこわれることはありません。
矯正治療中、むし歯ができたらどうなりますか?
むし歯ができてしまうと、治療途中でも装置をはずしてむし歯の治療をしなければいけません。
そうすると治療期間が長びいてしまいます。
ですからむし歯にならないように、教わった方法で正しくていねいにみがきましょう。
このページの先頭へ